MESHって言うのが面白そう

世間はIoTブームですけど
ちょっととっつきにくいなーってのがあって、
一方でSONYさんが出してるMESHって言うのがお子様でも遊べるIoTって感じで
とても興味をそそられます。

公式HP → http://meshprj.com/jp/

スマホアプリ起動前提になるのが残念ですけど
これがスマホネイティブ世代の積み木なんだなーって。
小学生向けの知育教材としても良いかもしれない。

個人的にも遊んでみたいけど
具体的な使い道が思いつかなかった。
(正確にはいくつか思いついたどその必要性までは感じなかった)

実用性っていう事をついつい考えてしまうのは大人だからでしょうか。
夢の無い大人だ。

Windows10で回転ロックができなくなったのでそもそも回転を検知できないようにした話

教えてグーグル先生。

Windows10 Update
Surface Pro 3 ファームウェアアップデート
画面の回転
回転のロック
できない
exe
捨てたい

だめだ。ぼくの欲しい情報が出てこない。

うちで利用しているSurface Pro 3ですが、
少し前にファームウェアアップデートと
WindowsUpdate適用した時から
「回転ロック」が効かなくなりました。

“Windows10で回転ロックができなくなったのでそもそも回転を検知できないようにした話” の続きを読む

CSSが嫌いって言う話

最近仕事で結構スタイルシート書いてるんですけど、
スタイルシートってほんとあたまわるいって言うか、
所詮デザインのための言語って言うか言語と言うよりは羅列ですよね。
箇条書き型言語。

プログラムって普通書いたとおりに動くんですけど
CSSって「ブラウザが読んだ通りに動くし、読んだからと言って動くとは限らない」ところあって
さらに悪い事に読み込めなかったら読み込めなかったまま表示してしまうので
デザイナーの意図した通りには表示されない事も多くて
meta系の言語だから、markup系の言語だから、って言っても
限度があると言うか
だからこそいいところもたくさんあるんでしょうけど
いいところがわかるまで深い付き合いしたくないし
とりあえずぼくは生理的に受け付けないですね。

CSSをクライアント側で持つって言うんなら話はわかるんですよ。
ブラウザをユーザーが保持するWebコンテンツのビューアーとして考えたとき
その表示スタイルを誰が指定するのかって考えたら
あくまでコンテンツの提供者が提供するべきはコンテンツであって
デザインはユーザーが好きなように設定して見れば良いと思うんですよね。

ぼくは別にデザインが嫌いなんじゃなくて
ぼくなぞがデザインしたものを人様にお見せするのは申し訳ないから
コンテンツだけ提供するんでビューアーの設定は各自でお願いします
って言いたいだけなんですよ。

昔のRSSリーダーとかそんな感じだったじゃん。
おわり。

IEを9にしたり11にしたり8にしたり9にしたりする話

久しぶりに更新ですって言うかまじめにSE活動再開することになったので
またちょくちょく更新し始める流れの源泉に辿り着きました。

仕事でWindows7を使っていると、
やれ「IE11をインストールしろ」だの「IE9に戻せ」だの言われることがあるかと思います。

しかしちょっとググればわらわら出てくるのが
「IE11のインストールに失敗する」と言う事例。

これだけ症状がたくさんある中で、「これだ」と言う手順が出てこないのは
ほんとケースによって色んな状態になるって事なんだろうなと思います。

と言うわけでぼくのとこの事例を。

“IEを9にしたり11にしたり8にしたり9にしたりする話” の続きを読む

Windowsのスリープ状態が勝手に解除される件(Intel)

なんか数日前くらい?から
「あれー?昨晩スリープにしてから寝たよなー?」って感じでスリープ解除されてました。

おっかしいなー。勘違いかなー。と思いつつ、
やっぱこれ解除されてるよな。とも思ったので原因調査。

自分が書いた記事を参考に、
原因を調べてみる。

“Windowsのスリープ状態が勝手に解除される件(Intel)” の続きを読む

[WordPress] Contact Form 7のスパム対策

このサイトのContactってメニューのメールフォームから
ぼくあてに連絡できるようになってるんですが、
最近なんかスパム業者が捕捉してしまったらしくてスパムが来るようになりました。

これWordPressのContact Form 7ってプラグインで作ってるページなんですが
Contact Form 7には標準スパムフィルタプラグインのakismetと連携する機能があるらしいので
それを設定してみました。

プラグインのヘルプページに書いてあったこのあたりをシンプルに設定してみただけですが
これでスパムをフィルタリングできるらしいから、しばらく試してみる。
20141207-114614-185

Hiper-VでWindowsXPを構成する時の注意

(旧ブログから転載)

自分でやってみていくつか問題があったので対応についてメモ書き程度に。

・ネットワークの構成のしかた
一般的なやり方なのだけど、知らないとわからないのでメモる。
Hiper-VではVMWareみたいにいきなり仮想マシンにネットワークをスイッチ構成できない。
まずはマネージャーを起動して、仮想スイッチマネージャを表示する。
で、新しい仮想ネットワークスイッチで外部のを作成する。
20140624-001408-829
20140624-002009-568
これだけではまだだめで、OS側にネットワークカード用のドライバが要るから、
仮想マシンメニューから
操作>統合サービスセットアップディスクの挿入
を選択→仮想OS上でソフトウェアをインストールする。
VMWare Toolsみたいなもんですね。
これでネットワークも認識されるようになる。
ここまでで既に「Hiper-Vわからん・・・」って心折れそうになる。

・OSインストール後、解像度を変更する前にVGAモードを有効にする
これをやらないと画面がひどいことになって操作不能になる(リセットして設定すればOK)
やり方としては、シャットダウンした状態から、
仮想マシンを起動しつつF8でブートメニューを表示(セーフモードとか選べるやつ)
→「VGAモードを有効にする」
これで解像度変更しても動作するようになる。
この時点ですでにだいぶ心が折れている。

・WindowsUpdateをするには、まずSP3のインストールが必要
なんか古いXPだとWindowsUpdateできなくなってるので、
公式からSP3をダウンロードしてきて、インストールする。
このへん。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24
もうこのあたりで泣きそう。

・最後にWindowsUpdateして、一応使えるようになる。
泣いた。

・directxは使えない、らしい
うーん。泣こう。

Windows8でUpdate適用後にマルチディスプレイ環境で問題

(旧ブログから転載)

Windows8.1で、Update適用直後に
マルチディスプレイ環境でマウスカーソルの動作がおかしくなる問題があるようです。

具体的にはマルチディスプレイ環境で
拡張デスクトップとして複数ディスプレイを接続している場合、
その境界の位置でマウスカーソルが張り付いてしまう。
速く動かす→境界を超える
ゆっくり動かす→境界を超えない
と言う感じで、まあユーザーサポートの機能が動いちゃってるみたいだけど
そんな機能をONにした覚えはないのに勝手にONにされてしまっていて
しかもWindows上にはその項目を変更するGUIが存在しない。
レジストリキーを直接編集しなければいけない系の設定項目らしい。

ぼくの環境ではレジストリの値は正常だったのに
なぜか動作がおかしいという状況でした。
Windows Updateでたまにありますね、こういうの。

再起動すると治ることを確認しましたのでとりあえず大きな問題ではないかと思われますが、
どうも最近のUpdate内に以下のレジストリキーがエントリされている事に関連して
問題が発生しているのではないかと言う情報のようです。

[レジストリキー]
HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop
 →DWORD値「MouseMonitorEscapeSpeed」
この値を0に設定すると張り付かない。
ぼくの環境では0だったけど、初期値が1になってたという報告があるので、
Windows8での初期値が1で、Windows8.1での初期値が0と言うことかもしれない。

どうも今回のUpdateでメモリ上のこの項目が1に設定されてしまって
再起動するまで0に戻らないという事っぽい気がする。
詳しいことはわからない。
再起動しても治らない、と言う場合はこの値を0に設定してから再起動、
また以下キーが追加されているという情報もあるのでこちらも0に。

[環境によっては以下のキーも関連するかもしれない]
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell \EdgeUI
 →DWORD値「MouseMonitorEscapeSpeed」

なんだろなあ。