ソーシャルボタンプラグインを変えてみた

サイト移転に伴い、WordPressのプラグインも入れ替えをやっています。
旧サイトで使ってたソーシャルボタン設置プラグインは
「Tweet, Like, Google +1 and Share」だったんですけど、
何年も更新が無いし、Mastodonとかに対応してないので
新しいやつをいくつか試してみることにしました。

最終的にたくさんのソーシャルメディアに対応している「AddToAny Share Buttons」を採用することに。
AddToAny Share Buttons

設定画面はこんな感じ。

投稿の下に表示するように設定してみました。

こんな感じに表示されます。

おわり。別に何かを解説したりはしないよ。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

と言うわけでサイトを移転しました。
さくらインターネットレンタルサーバーの
旧スタンダードプランから
新スタンダードプランに移行しました。

PHP7系のモジュールモードが使えるようになったのでPHPが10倍速く動くよ!
って誘い文句に騙されて色々めんどくさいことを乗り越えながら移行しました。
むしろ移行している最中です。

なにがめんどうくさいって、
さくら「プランの移行はできません!新規登録してください!クーポン差し上げます!」
だそうで。
つまり新プランで新規契約して、
旧プランは契約破棄しろってことですね。

うわめんどくせえ。

でもいつまでもPHP5系使うのもなんだし、いつかやらなきゃ、が今になっただけだし。
と思ってやったんですけど、想像よりもめんどくさかったです。

特にめんどうくさいのは
・初期ドメインおよびユーザー名が変更になるのでそれに伴うソース変更や設定変更
・独自ドメイン(aoshirobo.net)の移動 (旧サイトで停止→新サイトで設定)
・メールアドレス全部を新プランの方で再設定
・WordPressの移行
・DBの移行
・DB移行に伴うソース変更
あたりでした。

めんどくさいので詳細までは書かないけれど。
おわり。

せっかく引っ越ししたので、もうちょっとらぼを更新していきたいと思います。
かたひじはらずに気が向いたらてきとうに更新する感じで。

コメント無効化した

管理コストをカットするためにこのサイトのコメント機能を全般的にオフにしました。

WordPressの場合、コメント機能を全面的にオフにするためには
・新規投稿時のデフォルト値をコメント許可しないに変更する
・投稿済みのページをひとつずつ全部コメント許可しないに変更する
という手順が必要で、これは率直に言ってとてもめんどくさいです。

大した数を投稿しているわけではないので
まじめにぽちぽち許可しないにしても良いのですが、
せっかくなのでプラグインを導入してみました。

コメント不許可にする王道プラグインらしいです。
Disable Comments

Disable Comments

インストールしたあと設定画面で全部コメント禁止に設定するだけ。かんたん。
なお、投稿済みのコメントについては引き続き表示されます。
投稿済みのコメント非表示までやりたいなら
多分コメント一括削除か非表示化のプラグインを入れるのが良い。

おわり。

Qiitaへ移行することにした

こないだ初めてQiitaで記事を書いてみたら案外書きやすかったので
「これWordPress」いらなくね?
って思ったので技術的な話はもうぜんぶQiitaに書くことにしました。

このページ
もしかして いらない

らぼの位置付けをどうするか考えようと思います…

amazonのほしい物リストをネットに公開する時の設定

amazonで欲しいものリスト(干し芋?)に登録する時に
リストは公開したいけど住所は知られたくないし名前も知られたくない…
そんなときのために「ほしい物リストの設定」で
名前とか住所とかを非公開にするための設定をザックリ説明した画像を作ったので
忘れないようにこっちにもアップしておこうと思いました。

要するに
・受取人 のところの名前変える
・リストは「公開」にする
・届け先の住所に登録されてる氏名も注文時に表示されてしまうのでそこも偽名にする
・amazon以外の販売商品(出品もの)を受け取るには第三者オプションチェックする
って感じです。

MESHって言うのが面白そう

世間はIoTブームですけど
ちょっととっつきにくいなーってのがあって、
一方でSONYさんが出してるMESHって言うのがお子様でも遊べるIoTって感じで
とても興味をそそられます。

公式HP → http://meshprj.com/jp/

スマホアプリ起動前提になるのが残念ですけど
これがスマホネイティブ世代の積み木なんだなーって。
小学生向けの知育教材としても良いかもしれない。

個人的にも遊んでみたいけど
具体的な使い道が思いつかなかった。
(正確にはいくつか思いついたどその必要性までは感じなかった)

実用性っていう事をついつい考えてしまうのは大人だからでしょうか。
夢の無い大人だ。

[jQuery] jscolorでset value的な事をしようとしてちょっと困った話

jQuery利用のColor Pickerさんで、jscolorって言うシンプルすてきデザインのやつがいる。

こいつを適用したinputに、
javascriptから直接値を変更するとか
FORMのreset()とかしてやるとか
そう言う事をしてもjscolorさんの表示色が更新されないので、
表示反映のためにfromStringしなきゃいけない、ってのは分かった。
海外QAサイトの情報でそのやり方はわかったはずなのに、うまくいかない。

あるぇー?と思って確認してみた。
jscolorのver.2くらい?からどうも書き方が変わったらしい。
と言う情報が全然出てこなかったくらいなので書いておけば誰かの役に立つかもしれないので書いておく。

情報ではこう書けって書いてあったんだけど
$(this)[0].color.fromString($(this).val());
今は「color」じゃなくて「jscolor」になって居るらしい。

と言うわけで、こう。

終わり。

Windows10で回転ロックができなくなったのでそもそも回転を検知できないようにした話

教えてグーグル先生。

Windows10 Update
Surface Pro 3 ファームウェアアップデート
画面の回転
回転のロック
できない
exe
捨てたい

だめだ。ぼくの欲しい情報が出てこない。

うちで利用しているSurface Pro 3ですが、
少し前にファームウェアアップデートと
WindowsUpdate適用した時から
「回転ロック」が効かなくなりました。

“Windows10で回転ロックができなくなったのでそもそも回転を検知できないようにした話” の続きを読む

CSSが嫌いって言う話

最近仕事で結構スタイルシート書いてるんですけど、
スタイルシートってほんとあたまわるいって言うか、
所詮デザインのための言語って言うか言語と言うよりは羅列ですよね。
箇条書き型言語。

プログラムって普通書いたとおりに動くんですけど
CSSって「ブラウザが読んだ通りに動くし、読んだからと言って動くとは限らない」ところあって
さらに悪い事に読み込めなかったら読み込めなかったまま表示してしまうので
デザイナーの意図した通りには表示されない事も多くて
meta系の言語だから、markup系の言語だから、って言っても
限度があると言うか
だからこそいいところもたくさんあるんでしょうけど
いいところがわかるまで深い付き合いしたくないし
とりあえずぼくは生理的に受け付けないですね。

CSSをクライアント側で持つって言うんなら話はわかるんですよ。
ブラウザをユーザーが保持するWebコンテンツのビューアーとして考えたとき
その表示スタイルを誰が指定するのかって考えたら
あくまでコンテンツの提供者が提供するべきはコンテンツであって
デザインはユーザーが好きなように設定して見れば良いと思うんですよね。

ぼくは別にデザインが嫌いなんじゃなくて
ぼくなぞがデザインしたものを人様にお見せするのは申し訳ないから
コンテンツだけ提供するんでビューアーの設定は各自でお願いします
って言いたいだけなんですよ。

昔のRSSリーダーとかそんな感じだったじゃん。
おわり。